少林寺拳法は強い?弱い?

しばしば議論になることとして「少林寺拳法は強いのか弱いのか」というものがあります。さて実態はどうなのでしょうか。

 

 

強いのか弱いのか

まず何をもって強いとするか弱いとするかは人それぞれだと思いますが、大前提として少林寺拳法は他人に勝つことを目的としていません。詳しいことは【少林寺拳法の実践性について】でお話しています。

 

なので殴り合いで相手を打ち負かしたい強さを手に入れたいのなら極真空手とかやったほうが早いかと思います・・・。

 

少林寺拳法では仕掛けてきた相手をいなして攻撃に転じるという練習が中心です。後手必勝の論理に基づいたいわば護身が主ですので強い、弱いという概念を当てはめるのはどうなのかと思います。

 

強くなりたいのなら乱取り重視の道場へ

まあでもそれでも少林寺拳法がやりたい、強くなりたいというのであれば入る道場は選ぶようにしましょう。

 

演武重視で教えているところもあれば、乱取り重視で教えているところもあります。

 

喧嘩に勝てるようになりたい、女性でも大の男から身を守れるようになりたい、ということを目的としているのなら乱取り重視の道場に入るようにしましょう。

 

本気でボコボコにしてこようとする相手、殺気や悪意をもって迫ってくる暴漢にはいくら演武の練習をしていても正直通用しないと思います。

 

よく少林寺拳法が弱いといわれるのは、近年は演武重視の道場ばかりになっているからです。もっと乱取り重視のとこが増えればイメージ変わると思うんですけどね。

<スポンサーリンク>